スポンサーリンク

30秒ドローイング七週間目、続けるために試行錯誤をする。

この記事を読むのに必要な時間は約 14 分です。

「試しに少し続けてみるか」

と始めたドローイングも、七週間目になりました。
長いような…でもまだそんなに長くない。

最低でも3ヶ月は続けたほうがいいと聞くので、
少なくともあとひと月半は続けないとですね。

中には一年以上続けている方もいらっしゃるようで…
まだ2ヶ月にも達していないのに
「長い」などと言っていてはいられない。

続けるためには、続けるなりの工夫も必要だと、
ここへ来て思うのです。

先週、ドローのやり方を少し変えました。

体を描いたり顔を描いたり…ということではなく、
描き方の方法についてですね。

1日目からずっと続けていた30秒ドローイング。
これに加えて、先週から赤線で上書きをすることにしました。
それも時間無制限で。

これ、暫くはなかなかいい方法だと思って続けていたのです。
ですが…
この7週間目の最後の日、また方法を変えました。

続けるためには方法を変えていかないと続かない。
そう思ったからです。

↓7週間目のドローイング経過と結果。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

43日目/3月10日

3月10日深夜(11日付け)投稿

【Twitter投稿文】

“今日のドローイング
サイズはいつもの半分

黒線 30秒ドロー
なるべく全体の形取り

赤線 上書き時間無制限
簡単に形のズレだけ修正…と思いつつ
つい描き込んでしまうクセが出る…

制御できない描き込み好き”

20210310ドロー

3月10日のドローイング

202103010ドロー赤

3月10日ドローイングの赤ペン

描いているサイズをA4→A5サイズへ変更。
スペースを小さくして描く量を減らした。

先日から赤ペンを上書きで入れているけど、
時間がかかりすぎてしまうため。
毎日この時間をかけて続けるのはしんどい。

サイズは半分になって描く個体数も半減したが、
時間無制限で形を捉え直して書き込むから、
練習量としてはいいかなと。

辛くなってできなくなるよりは、
少しずつでもやって継続する方が大事。

↑Twitterで毎日投稿。

44日目/3月11日

3月11日投稿

【Twitter投稿文】

“黒線 30秒ドローイング
赤線 上書き時間無制限


黒 外枠を決めたい
赤 表情手早く描きたい

体 数日ぶりでちょいと難しく感じた
黒 細部に気を取られなくなったが…荒い
赤 特に細部の把握をしたい

しんど”

20210311ドロー

3月11日のドローイング

202103011ドロー赤

3月11日ドローイングの赤ペン

20210311ドロー2

3月11日のドローイング2

202103011ドロー2赤

3月11日ドローイング2の赤ペン

しばらく時間と体力の都合で顔しか出来なかったが、
サイズを半分にしたことと時間があったため
4日ぶり?くらいに体も描いた。

数日時間が空いただけでも少々戸惑う。
なんだか心なしか線が固いように感じる。

45日目/3月12日

3月12日深夜投稿(13日付)

【Twitter投稿文】

“黒線 30秒ドローイング
このところどんどんいいかげんに…

赤線 上書き時間無制限
集中力欠如、辻褄が合わなすぎ
描けない、似ない…で四苦八苦

途中の電話を差し引いても散漫がすぎる
そろそろ飽きたのか”

20210312ドロー

3月12日のドローイング

202103012ドロー赤

3月12日ドローイングの赤ペン

30秒で顔の形を描くことに慣れてきたようだ。
淡々と描いてはいるが、しかし描くのは遅くなっている。

顔を描き始めたとき、
どうせ30秒では間に合わないからと、
とにかく手を止めないように動かしていた。

今はそこまでではない。
なんとか形とバランスを取ろうとして
手がスローになり、細部まで間に合っていない。

スポンサーリンク

46日目/3月13日

3月13日深夜投稿(14日付)

【Twitter投稿文】

“今日のドローイング

黒線30秒
いきなり難しいポーズとデカく描きすぎてぱにくった
追われてもうなに描いてんだかわからない

赤線上書き時間無制限
線のズレの酷さにイヤになる
ドツボに嵌ってわからなくなる”

20210313ドロー

3月13日のドローイング

202103013ドロー赤

3月13日ドローイングの赤ペン

前日は体を描くまでに至らず。

特に顔を描いてから体を描く理由もないので、
この日はまず先に体を描いてみた。

やはりどう描いたものか少々混乱。
いきなり描きにくいポーズが出たのでなおさら。

また以前のように線が固くなっている感じ。
30秒で形を描き終えることの焦りで
線は固く、少々描き殴り的になる。

そして時間的に顔を描くのは断念。

47日目/3月14日

3月14日深夜投稿(15日付)

【Twitter投稿文】

“今日のドローイング

黒線 30秒ドロー
赤線 上書き時間無制限

今日はなんだか義務感だけで
ぜんぜん楽しくない…

斜めが超絶苦手なのは理解した
正確性を追求しすぎるとしんどい
ほどほどにしときたい。”

20210314ドロー

3月14日のドローイング

202103014ドロー赤

3月14日ドローイングの赤ペン

しんどいとか…もう眠くて仕方がないとき。
そんなときでもドローをやらなくちゃ…と。

義務感、ただやってるだけ、
そんなときには描いてても楽しくない。
描いたものにも、それは現れる気がする。

黒線で描いているときは全体にいまいち。
赤線ではなんとかしようと気合い入れてる。

続けるって大変…
そう思う。

48日目/3月15日

3月15日深夜投稿(16日付)

【Twitter投稿文】

“黒線 30秒ドローイング
赤線 上書き時間無制限

デカく描きすぎて足入らないとか
毎回やってしまう…

タプタプ描くの楽しいんだけど
筋肉太い系のムキムキ描くのは苦手

赤ちゃんや子供はすんごい描きやすい”

20210315ドロー

3月15日のドローイング

202103015ドロー赤

3月15日ドローイングの赤ペン


(あ…日付間違えてる)

デカく描きすぎると、画面表示内に収まらない。
なのでときどきスクロールして描いたりもするけど、
そうすると全体のバランスがおかしくなったりもする。

黒線で30秒以内に描けなかった部分は、赤線で補う。
全体のバランスが見れないときには、
画像を縮小して全体を見ながら描くことも。

描く対象によって得手不得手がある。
ずっと描いていると傾向がわかる。

大人とか子供とか、男性女性とか、
それ以外ではポーズにもよります。

49日目/3月16日

3月16日深夜投稿(17日付)

【Twitter投稿文】

“今日はちょいとやり方変えた

黒線2分ドロー
30秒より時間4倍あるわと
余裕ぶっこいて結果的に中途半端感

赤線上書きも2分ドロー
今日は時間きびしいので制限
やっぱビミョーな中途半端感
もう2分は欲しいよ”

20210316ドロー

3月16日のドローイング

202103016ドロー赤

3月16日ドローイングの赤ペン

黒線30秒では焦って描くことになるし、
描ききれない部分が出ると心残り。

赤線上書き無制限で描くのは、
細部まで描けてやりがいはあるけれど、
時間かかりすぎて毎日続けるのはしんどい。

なのでこの日から時間を変え、制限することにした。

不完全燃焼で燻ぶらないように
描いて楽しいように
続けるための試行錯誤をしよう。

7週間を終えた結果と感想

7週間目、49日が終わりました。

ドローイングを始めたばかりの頃よりは、
ずいぶんと描き慣れてきた感じはします。

しかしまだまだ満足に描けるわけではない。
描く対象によっては、いまだに形を整えるだけで精一杯というものもある。

描き続けるからこそ、描きやすい、描きづらいというのがはっきりと出てきた感じもします。
それは体に限らず、顔もそう。

はじめからずっと体のドローイングをやっていて、
途中から顔を描くようになったのには理由があります。

正確に描かなきゃ…という執着を捨てたい

体を描き続けるうちに細部が気になって、
正確でないといけない、という気になって…

描き続けているからには、もっともっと描けないと!
という気持ちが募ってしまって、
正確に描くことに執着して身動きが取れなくなっていたのです。

なんだかわからない焦りと描ききれない苛立ち。
ドローイングは正確でなくてもいいし、好きに描けばいいんだけど、
そう思いつつも囚われてしまう感じでガチガチになっていた。

そこで、この感じを外さないとしんどいな…ということで、他の対象を描くことにしたのです。

はじめは手足を描こうか…と考えていたのですが、
あえて顔を選んでみました。

顔は複雑だし30秒で描けるわけないじゃん!
という気持ちで気軽に描くことができて気が逸れたので、これはよかった。

継続するということ

顔を描くことで、時間内に正確に形を描ききりたいという無理な願望は失せた。

顔をどうにか描いて、手慣らしをしてから体を描く。
しかしそのうち、顔を描いても体を描く時間が取れず、顔ばかり描くということになってしまった。描き慣れてくると、また細部や正確さへのこだわりが出てきてしまった。

これが続くとまたしんどい。
そこで次は顔を描くことをやめて、体を描くことにしたのです。

同じモノを描き続けるほうが成果が出やすいとは思うのですが、疲れてやめてしまっては元も子もないですよね。

正確性を求めすぎてしまうと、描いていて辛くなる。
細かいことを気にせずに、もっと伸び伸びと描きたいのですが、性格なのかなかなか思うようには行かないのです。

一時期、割り切って描いたりもしたのですが、すぐに戻ってしまってなかなか抜けない。

自分がどう描くことができれば楽しくて苦にならないか。
どうすればやめてしまうことなく、続けていくことができるのか。

試行錯誤しながらでないと継続は難しいものだと、改めて思うのでした。

次に飽和状態になったら動物に走るぞ…笑。

とりあえず、まだドローイングは続けようと思います。

タイトルとURLをコピーしました