スポンサーリンク

『超』初心者さん用!簡単イラスト描き方講座〈はじめに〉

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

『超』初心者さんでも、いきなり自分だけのイラストが描けるかも!?

絵を始めたばかりの初心者さんは、はじめはすごくやる気。
でも、描いているうちにイヤになりやめてしまうことも多いです。

なぜなら、いきなり上手に描くということはできないため。

イラストを描いている人を見ると、スラスラと簡単に描いているように見える。
しかし自分は頑張って描いてみても、思うようにキレイな線すら引けない。

それは初心者さんなら当たり前のこと。
そんなことであっさりとやめてしまうのは、もったいない。

そこで、超初心者さん向けのコーナーを作ってみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

このコーナーは、こんな場合に有効です

  • 絵が描けたらいいな~と漠然と思っている
  • 絵が超絶苦手…でも描いてみたい
  • 自分のキャラクターを作りたいな
  • 趣味でイラストを描きたい
  • 無料イラストを探しても理想のイラストが見つからないのでいっそ自分で作りたい。
  • サークルの会報やブログに自分で描いたアイコンや挿絵を載せたい
  • 自分のLINEスタンプを作りたい

などなど、お絵かき好きで少しでも描きたいと思ったらお仲間です。

これから一緒にイラストを描いていきましょう。

誰もが最初は初心者

超初心者さんにとって、イラストを描くってこんな感じでしょうか?

  • イラストを描くって何をどうすればいいの?
  • まねして描いてみたいけど、どこから描けばいいのかわかんないよー!
  • まねして描いても化け物になる…(これは知り合い談 ^^;)

私もン十年前は超初心者。
インターネットなんて、想像も付かない時代。

絵を描く資料が欲しいと思うと本屋に行く…のですが、田舎なのでそんな専門書などあるわけなく。
町に本屋すらなかったですよん。

基本を教えてくれる人は誰も居ない。
どうすればいいのかよくわからないまま、独学で描いていたものです。
…そして伸び悩む。

そんな昔に比べると、ネット社会である現在のお絵かき環境って、ものすごく恵まれていますよね。

ちょっと検索すれば、沢山のイラスト・漫画、写真、参考資料や専門情報が盛りだくさん。

道具も進化していて、便利でお手頃、無料で使えるお絵かきツールなんかもあって、デジタルお絵かきも超手軽。

しかしそんな恵まれた環境も、超初心者さんには活用しきれず、難しく感じてしまうことも…?

初めの第一歩!でつまずく

線が引けない、形が取れない…

そんなのは絵を描き慣れていなければ当たり前。
誰しもが、はじめはそんなものです。

ドラえもんの絵描き歌。
(知ってる年代ってどこまでだろうか…?)

ドラえもんじゃなくても、なんでもいいのですが…
これを歌いながら描いてみると、ドラえもんが出来上がるというもの。

しかしこれをやった結果…

「ドラえもんどころか化け物になったから、自分には絵はムリ」
と言っていた知人がおりました。

こんなことで「自分には絵はムリ!」と思い込むのはもったいない!

私はそう思います。

描きたい気持ちだけあればいい

それまで絵らしきものを一切描いていない場合、描けなくて当然です。

絵を描きたい気持ちがあれば、「自分にはムリ!」と否定せず、好きな絵を何度も描いてみればいいんですよね。

「見て描いても下手だから」と言うけど、描いた経験が少なければそれは当然。
今は自在に絵を描いている人たちも、そこを通ってきたのです。

見て描いても、形すらまともに描けないヘタな時期がある。
この時期を、幼少時にやるか大人になってからやるのかの違いはある。

幼少時なら何も考えずに「好きだから描く」を続けられる。
しかし大人になると「好きだから」というだけでは持続できないんですよね。

「どうやって描けばいいかわからないし」
「思うように描けないし」
「これから始めるにはもう遅い」
「今更絵を始めるとか無いな」
…とかね。

妙に目が肥えていたり、変な意識が働いて嫌気が差しやすい。
そこを持続できるかどうかで変わってくるのかな~と思います。

いろんな不毛なことを考えず、好きな絵を真似して描けばいいじゃん!

みんなそこからのスタート。
みんな通ってきた道なのです(笑)

あれこれ考えたら何も出来なくなってしまうので、考えるだけ無駄!
(私が現に、めっちゃそんな感じです…)

とりあえず、

「描けたらいいなぁー、描きたいなー!」
「描けるだけ描いてみればいいよね~!」
「好きなんだから描くしかないでしょ~」

とだけ思いましょう。

イラストを一つでも完成させると自信がつく

1つでもイラストを描けると嬉しいもの。
そして「自分にも描けるんだ」という自信が付きます。

それを繰り返していくと、イラストを描くことが楽しくなっていくでしょう。
絵を描くことがわからなくても、「まず一つ描く」を目指して。

そのために、分かりやすく楽しく取り組めるように、お絵かきの手順を考えてみました。

それは、

簡単な作業で一つのイラストが出来上がり、しまいには自分だけのイラストが出来るぞ!

というものです。

私が超初心者だった頃のことを考えつつ、簡単にわかりやすく進めていけるように心がけます。
そしてこれまでの失敗や経験を踏まえ、絵を描いていく上で必要な事を盛り込んでいきたいと思います。

注意点。

「簡単に描く= 短時間で描ける」
ということではないですよ。

かかる時間は人それぞれ。
早く描ければ良いというものではないので、じっくり取り組んでいきましょう。

※本格的にリアル絵を目指したい場合、ここでは役不足かと思います。
しかし何かの足しにでもなれば幸いですv

絵を描くのは楽しいけど、もちろん苦しいことも沢山あります。
思うように描けなかったり、うまくいかなくてイライラしたり、放り出したくなったり。

そんなときには、しばらくお休みすればいいし、そして気が向けばまた描いていいんです。

はじめに。のおわりに。

まぁ、ちょっとしたお遊びだと思って、一緒に描いてみてほしいと思います。

現在は『超』が付く初心者さんでも、描いていくうちに『超』が取れた「初心者さん」になる。
そのうち「初心者」というラベルも取れていく。

そのうち自分の好きなイラストを自在に描くことが出来るようになればいいですよね~。

あなたもぜひ、お絵かきさん仲間になって一緒に絵を描いていきましょう^^

それでは、ここまでお目通しいただいて有り難うございます。

よいお絵かきライフを^^

次に読む >> 『超』初心者さん向けのイラスト描き方講座〈顔〉

追伸。

こんなこと言ってる私ですが、まだまだお絵かき未熟者。

ゆるーく見守ってやってくださると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました