イラストの描き方はいろいろ。初心者は真似て描くことから。

当サイト「ぺんさいと」の方針

当サイトでは、お絵かき初心者さんの画力向上を目指していきます。

・お絵描きを始めたい
・最近お絵かきを始めたばかり
・ちょっと試しに描いてみたい
・描いてみるけどなかなか上達しない
・一枚イラストを描いてみたい
などなど。

そこで、上達するためのヒントのような記事を描いていけたらと思います。

・超初心者のためのイラスト講座
・人を描くときの基本的なこと
・イラスト上達のためのあれこれ
・絵を描くためのメンタル
などなど。
お絵かきのススメを充実させていきたい。

そして私もこれらの記事を書くことで、自らの画力向上を目指します。

初心者さんは好きなものから

絵を描き始めるきっかけ。
それは、絵を描くことが楽しかったり好きだから、という場合が多いでしょう。

好きこそものの上手なれ、です。

好きでやるからこそ、多少むずかしく感じてもできる。
面倒だと感じても、疲れたと感じても。

好きで楽しいと感じていれば、いつのまにか上達していたりするものです。

しかし、うまくなりたい!
などの雑念?が入ると、途端に苦しくなってきます。

苦しいと描くこと自体が嫌になるし、いやいややるので上達も遠くなり辛いだけ…

なので初めのうちは、とにかく好きなものを真似して描いていきましょう。

好きだと思うもの。
描きたいと思うもの。
それを手本に、真似して描いていきましょう。

それが一番。

うまくなるには

絵はいきなりうまくは描けないものです。

はじめは誰もがへたで、それでも描きたいから描いていると、上手くなっていきます。

絵は半分は、慣れみたいなところがあるからです。
あとは何をどれだけ、どう感じてどう描くか。

はじめはとにかくひたすら、描きましょう。
自分の画風とか表現みたいなものは、後から付いてくるもの。
まずは描けるようになることが先決。

そして何より大事だと感じるのは、継続すること。

絵がうまくなりたい・上達したいのなら、間を空けずに続けるということが一番望ましい。
しかし中断せざるを得ないことも度々あります。

それは仕方ないことでもあるのですが、できるだけ続けるといいでしょう。

できるときにできるだけ

絵を描くことや好きなことは、できるうちにできるだけやっておくほうがいい。

絵を描くというのは、余裕がないとできなくなることが多いです。
時間の余裕、生活の余裕、心身の余裕…
「余裕がないから、描きたくても描けない。」

そんな時というのは、長い人生で何度となく訪れます。
どうしても出来ないとき、というのがありますからね。

絵を描かなくなると、感覚や腕がなまります。
以前のような感覚で描こうと思っても、まるでわからなくなり、追いつかない。

「以前のように描きたくても、描けない。」
という状態に陥ります。
これでイヤになることもあるでしょう。

ほかにもいろいろな理由から、絵を描くことを完全にやめてしまう人が多いのです。

しかし沢山描いていた時期に楽しかったことを覚えていれば、ずいぶん時間が経って腕が落ちていたとしても、また再び描きたいと思えるでしょう。

間が空いても、再開できればよし。
(私がまったくそうなのですよ~)

一度や二度だけでなく、三度と…
何度も絵を描くことを捨てたつもりの私が、結局戻ってきてしまうお絵かきの魅力。

いろいろと未熟ではありますが、及ばずながら少しでも、いろいろなお絵描き好きさんにお役に立てることがあれば幸いです。

2021年2月 さないみゆき。

さて、私はまだまだリハビリ…
ぷらす、成長のために続けますよ~。

タイトルとURLをコピーしました