人の描き方を簡単にしたい。初心者さん向けのお絵かき講座。

ここは「人を描く」カテゴリーページ。
人を描くための記事をまとめています。

前半は、
人を描くための部分ごとに記事を分類。

後半には
投稿した順番に記事が自動表示されます。

 

つたない私のお絵かき経験ですが、
初心者さんのなにかしらのヒントに
なれば幸いです。

※なお、当サイトでご紹介する内容は
私個人が使っている手法、
あるいは考えて作った手法であり
自己流ですのでご承知おきください。

全身

頭身について

頭部周辺

◇ 人の顔の描き方~四角形から描く方法
形を取るのが苦手な初心者さん向け。

◇ 人の顔の簡単なバランスの取り方・描き方
曲線で描くことが少し慣れたなら、こちらをどうぞ。

顔のパーツ

◇ 目を描く

◇ 鼻を描く

◇ 口を描く

 

上半身周辺

 

上肢

◇ 肩まわり

◇ 腕を描く

◇ 手を描く

下半身周辺

下肢

◇ 脚
◇ 足

 

今後も記事を更新次第、随時リンクを張っていきます。

よいお絵かきライフをお過ごしください^^

以下は投稿順の自動リンクです。

人の描き方

唇を描くのなら形や大きさの他に見え方を再確認してみよう

唇の形や大きさは人それぞれ。これをイラストで表現しようとするならば、いろいろな描き方ができるでしょう。しかしいざ描こうとすると、ワンパターンになってしまいがち。唇の形には幾つかの特徴があり、これを認識するだけでも目的の口のイメージを掴みやすくなる。
人の描き方

イラストで顎の動きを描くなら、形と構造を知っておきたい。

イラストで顎の動きを描くときというのは、口を大きく開けたり顔の表情をつけるとき。骨が動作する表現をする場合、形と構造を把握するのが、それらしく見せるための近道。イラストで顎の動きが目立つようなリアルな絵を作るのなら、なおさら仕組みを知ることは大事。
人の描き方

目を複数の種類作る描き方は、イメージを具体化させること。

目の種類の描き方にはコツがある。それはイメージを書き出して見える化すること。そしてさまざまなパーツを抽出して組み合わせることで、それぞれ違ったものが出来あがる。目の種類の描き方はいろいろあるけれど、漠然とさせずに具体化することで、形が定まるのです。
人の描き方

横顔の目の描き方は、三角形を作ることで簡単に表現できる。

横顔の目の描き方は、三角形でアタリを取る。これを基にするだけで、それらしく見えるよう描くことができるのです。まずは形で覚えておき、さらに理由も考えてみましょう。横顔の目の描き方は単純ですが、理屈を知るといろいろなパターンを作ることも簡単にできます。
人の描き方

目の斜め向きの描き方も、順に分解していくとわかりやすい。

目が斜めを向いたときの描き方も、基本は正面向きと同様。ただ平面的ではなく、パースが付くので手前と奥側とで見え方が変わる。そのために少し難しく思えることでしょう。目が斜めのときの描き方は、まず顔の角度を決めること。全体を見ながら調整できることも大切。
人の描き方

手を楽に描けるようになるための描き方のコツと練習法

手を描くのは難しくない! ちょっとしたコツで、形を取るのが楽になる。 前回までのところでは、「手を描くにあたって知っておいた方がいい事柄」について書いてきました。 今回はいよいよ、「手の描き方」講座ですよん。 けっこうしつこ...
人の描き方

手の描き方の前に動きの形・パターンを知っておくと悩まない

手を自在に描くための近道!それは、動きを理解して形のパターンを知ること! ということで、手についての2回目は、手の動きについて。 手はさまざまな動きをするため、とても複雑に見えますよね。 しかし複雑に思える手の動きも、...
人の描き方

イラストで手を楽しく描くコツは、手を知って見慣れること!

手を描くのって難しいー!苦手~! って思いますか? でもね… 手を描くことへの苦手意識は、手を知って描くことで解消されるのです! 手って描くのが面倒ですよね~。 指五本も描かなくちゃだしーっ(笑) でも手...
人の描き方

腕の構造からイラストが描きやすくなる手の向きと肘の見え方

腕は骨の構造の特徴を掴んでおくと、 "らしく"描けるようになる! 腕を描くときには何を知っておくと いいでしょう。 腕の長さ? 腕の太さ? 腕の筋肉? もちろん、これらを知っているのも いいでしょ...
人の描き方

肩の動きをイラストで描くなら、関節について知っておこう。

肩を描くのが難しいと感じるのは、 肩の構造が少々複雑なことと それに伴う動きが複雑に見えるから。 肩を理解して描けるようになるためには、 まず肩の構造と関節の位置を知ること。 その上で肩の動きを見てみると イメー...
タイトルとURLをコピーしました