スポンサーリンク

肩の構造を知っておくと、イラストを描くときに理解しやすい

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

肩を知るTop画像

Top画像:肩の構造~後ろ向き

肩回りって具体的にどうなってんのー?
と思うなら、

肩の構造をだいたい知っておくことで、
何かを見ながら描くなどをするときにも
イメージがしやすくなります。

 

イラストで人物(キャラクター)を
描くときには、肩回りも大事な
イメージ作りのひとつですよね。

肩回りの大きさ・厚み・姿勢などの
描き方ひとつで、
キャラクターの印象は大きく変わります。

 

そんな「肩」ですが…

人を見て描こうとしても、
「いったい、どうなってるの??」と
感じることも多いはず。

 

イラストに描けるようになるためには、
まずその中身(構造)を「知ること」が大切。

今回は肩回りの構造を簡単に
見ていくことにしましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

肩の骨はどうなっているの?

肩ってけっこう複雑に見えるんですよね。

しかし実際に肩を構成している骨って、
実は2つしかないのですよ。

骨の数は少ないのに、動きは多様で複雑。

 

肩は多くの靭帯や筋肉が関与しているけれど
ここではすべて割愛!

ややこしいんでね…(^_^;)ゞ

 

手っ取り早く把握するには、
まず土台となる骨から入っていきます。

てことで、肩の骨を見てみましょう。

【図1-1: 横、前から見た肩の骨】

横、前から見た肩の骨

図1-1:横、前から見た肩の骨

肩を構成している骨は主に2つ。

  • 鎖骨(さこつ)
  • 肩甲骨(けんこうこつ)

鎖骨は、胸骨と肩甲骨との橋渡し。
胸骨~鎖骨~肩甲骨で繋がる。

【図1-2:後ろから見た肩の骨】

後ろから見た肩の骨

図1-2:後ろから見た肩の骨

肩甲骨は背中側にあり。
肋骨に乗っかっている。

また、肩甲骨は、
腕の骨である「上腕骨」に接続しています。

【図1-3:上から見た肩の骨】

上から見た肩の骨

図1-3:上から見た肩の骨

真上から見てみると、
鎖骨と肩甲骨が、首をはさんで
ぐるりと囲んでいる形になっている。

【図1-4:上から見た肩の骨~おまけ】

上から見た肩の骨~おまけ

図1-4:上から見た肩の骨~おまけ

頭を乗せるとこんな感じ。

だいたいこんな感じだよ~という
雰囲気がわかればいいでしょう。

細かい部分にこだわる必要はないのです。

骨は筋肉に覆われ皮膚に覆われ…

 

まぁ、骨の外側は、筋やら筋肉やらが
何重にもあるわけなので、
詳細に理解する必要もないかなと。

なのでだいたいの位置と形を知っておく
だけでいいでしょう。

 

だいたいの形状を知っておくだけでも、
イラストを描くときにとても役立ちます。

形が大きく歪むことが避けられるし、
ポーズを付けるときにも変な形には
なりづらいかなと思います。

スポンサーリンク

肩の構造を簡単なイラストにする

肩の骨がどんなふうになっているのか、
なんとなくわかったと思います。

では次に、イラストを描くためには
どうするのか?ですね。

 

キャラクターイラストを描く時には
まず下描きをします。

下描きの方法は人それぞれですが、
細かい骨の形などを気にしていると
疲れてしまいます。

 

そこで身体のパーツの位置を把握しつつ
下描きをすませるために、

「自分なりに簡単に図形化する」
ということをしてみましょう。

さて、先程の骨の図を単純化してみます。

 

【図2-1:肩の構造~単純化した図前】

肩の構造~単純化した図前

図2-1:肩の構造~単純化した図前

【図2-2:肩の構造~単純化した図後ろ】

肩の構造~単純化した図後ろ

図2-2:肩の構造~単純化した図後ろ

首の骨(頚椎)も肋骨も、
ひとつの塊としてとらえる。

そこに鎖骨と肩甲骨が乗っかっている。

肩甲骨は特に複雑な形状をしていますが、
細かいことを気にせずに
単純な形として見てみましょう。

鎖骨(青色)と肩甲骨(縁色)の
位置と形を、だいたいでいいので
覚えましょう。

頭(頭蓋骨)とかも
簡単に形を描いておけばいいですよ。

 

絵を描くことって、
だいたいの形が取れるようになれば
上手く描けるようになっていきます。

身体の外から見える鎖骨と肩甲骨

普通に人物を描くときには、
骨ではなく、皮膚の外側の状態を捉えて
描きますよね。

外見でわかる肩周りの骨も、
鎖骨と肩甲骨。

その他は筋肉が浮き出て見えるのです。

外見から骨はどのように影響して見えるのか
図にしてみました。

【図3-1:身体の中の鎖骨と肩甲骨~前・横】

身体の中の鎖骨と肩甲骨~前・横

図3-1:身体の中の鎖骨と肩甲骨~前・横

【図3-2:身体の中の鎖骨と肩甲骨~後ろ】

身体の中の鎖骨と肩甲骨~後ろ

図3-2:身体の中の鎖骨と肩甲骨~後ろ

 

鎖骨と肩甲骨は外から見て取れる。
(皮膚表面に浮かび上がる)

骨や筋肉の位置、形などを知っておくと、
イラストを描く時に、身体のどのあたりに
線を入れるとそれらしく見えるのか、
ということがわかるようになります。

 

ま、ここでは筋肉を割愛していますけど…
そのうちやります^^;

 

鎖骨は自分でも鏡で見ることができるので
確認しやすい部分ですが、

肩甲骨はなかなかそうもいかないですよね。

 

映画やドラマ、写真などで見る機会があれば
じっくりと観察してみましょう。

…生身の人を見るときには
ガン見しないよう気を付けましょうね~^^;
(不審者認定されてしまいます)

 

肩回りは立体的に考えるのが難しい
と感じますが…。

胸骨からの鎖骨と肩甲骨、
そして上腕骨とのつながりが理解できると
イメージがしやすくなります。

今すぐにイメージできなくても当然なので、
焦らずじっくりと把握して行きましょう^^

まとめ

肩まわりを描くためには…

  • 肩まわりの構造を知ること
  • 自分なりに単純化、図形化してみること
  • 構造を理解してイメージしてみること

肩の骨は「鎖骨」と「肩甲骨」

このつながりを知ると
肩回りを描くのがずっと楽になります。

 

基本的にイラストを描く上では
すべての骨や筋肉を知る必要はないのです。

描くために必要な部分というのは
人によって違うと思いますが、

「自分がどんなイラストを描きたいのか」
というところに関わります。

 

誰でも知っておくといい部分はというと、
大まかな骨格と肌の表面に近い部分の筋肉。

初めに骨から知っておくといいのは、
骨は身体の土台であるし、

骨の形がわかっていれば、
極端におかしな絵にはならない
というところですね。

そして、より理解が深まりやすいのです。

 

それでは今回もおつかれさまでした。

楽しいお絵かきライフを
お過ごしくださいな~^^

タイトルとURLをコピーしました