スポンサーリンク

イラストで人を描くときに知っておきたい鼻の描き方と種類

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

鼻についての2回目でございます。

鼻の表現方法がいろいろあって悩む?

自分に合った鼻の表現方法を探してみよう!

鼻自体の描き方は前回書いたので、こちらをご覧下さい。

>> 鼻は三角形で簡単に描ける

今回は、自分に合う鼻の描き方(表現方法)はどうしたらいいかなぁ~?!ということを書いていきますね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

鼻ならなんでもいいか?

私も鼻の描き方はずいぶん試行錯誤して描いてきました。
少女漫画的な鼻からリアル鼻、棒みたいな鼻、鼻なし…いろいろ描いて今に至るわけです。

今はそのときに描くキャラクターの雰囲気で鼻の描き方を変えたりしています。
これも慣れなので、自分の描くものを固定せずに、いろいろな種類を描いてみるといいです。

鼻の形が分かっていれば、それをどう表現するかを考えて、キャラクターに合った鼻が描けるようになります。

鼻は自分が描きやすければそれでいいかというとそうでもなく、描きたいジャンルによりキャラクターにより、描き分けができればその方がいいかと。

たとえば、ド少女漫画が描きたいのに、すごいリアルな鼻を描くと浮いちゃうし。
リアルでシリアスものを描いているのに、鼻だけ点だったりすると…やはり締まらない。

イラストや漫画の目的に沿った、あなたなりの描きやすい鼻を見つけられるといいですね。

思いつく限り、いろいろな鼻の描き方を試してみる

鼻の表現方法いろいろ

手当たり次第、思いつく限りを描いてみました。

これ以外にも表現はもっとあるので、あなたも考えて描いてみましょう。

(※下地の薄い三角形については、前回の鼻の描き方で説明しています。)

鼻は、顔の中心にあれば、それがたとえ点でも鼻と認識されます。

鼻の表現方法で私が思うのは、こんな感じ。

・わかればいいという場合は、超省略型。
たとえば、点とか棒とか。

・可愛さをアピールする場合は、小さくシンプルに。
点や棒も含まれるが、鼻自体が小さく描かれることも。

・美しさをアピールする場合はシャープに。
美しい顔は鼻を高く表現されることが多く、余計な線のないシャープな描き方がされることが多い。

・リアル型は…好き好きでしょうか。

鼻だけでなく、顔のほかのパーツとの兼ね合いもあるので、全体的なバランスが大事なのは言うまでもありません。

目や口はリアルっぽいのに、鼻だけシンプルとかはチグハグだし。
(鼻なしは個人的にはアリ。)

目や口は少女漫画っぽいのに、鼻だけリアル型にするとか。
これをやると顔全体が野暮ったく見えやすいです。

好みや感覚で印象は異なるでしょうけど、沢山の描き方を考えたり試してみるのは、幅が広がるのでいいことだと思います。

鼻の表現を変えてみる・鼻の形を変えてみる

下の図は同じ顔のイラストですが、鼻の表現だけ変えてみました。

〈上図・上〉
同じキャラクターで鼻だけ変えてみたもの。

イラストや漫画でキャラクターを描く場合、見せ方で表現方法を変えることもあります。

これは鼻しか変えていませんが、その場面によって光の差し方、影の差し方などで見える部分が変わったりもするからです。

鼻の描き方はさまざまあり、同じキャラクターだからといって1種類の描き方しか無いというものではないのです。

〈上図・下〉
これは同じキャラクターの鼻の表現を変えたというより、別の形の鼻になっていますね。
左の顔と右の顔とでは別人に見える。

違いが判るでしょうか。
描き方を間違えると別人になっちゃいます。

ただ鼻を変えるといっても、二種類ありますよね。
・同じキャラクターで鼻の表現を変える。
・キャラクター作りの過程で、鼻の形を変える。

いろいろな鼻を試してみると、これまで自分で描いてきたキャラクターと違う雰囲気の顔が作れたりするので楽しいですよ。

おまけ:顔の向きでの鼻の整合性

人はいろいろな方向を向きます。
正面、斜め、横、後ろ、上・下向き…。

漫画を描く時には特に、どんな角度の顔であっても同じキャラクターに見えないといけないですよね。

漫画読んでる途中で「これ誰?」になると、読んでる側としては軽くパニックになります。

上図は、真ん中の顔と同じキャラのつもりで、両側に横顔を描いたもの。

真ん中の顔と、両脇の横顔を見比べてみてください。

違いが判るでしょうか?

〈上図・上〉
左側の横顔は、鼻が下向きになっています。
対する右側の横顔は、真ん中の顔と鼻の位置が同等になっています。

〈上図・下〉
左側の横顔は、鼻が上向きで大きい。
対する右側の顔は、鼻が真ん中の顔と同等の位置と大きさになっています。

ちょっとした違いかもしれませんが、特に横向きは目立つ(?)ので、気を付けて描きましょう。

まとめ

自分に合う鼻の描き方とは…

・まずはいろいろな鼻を描いてみよう。
・自分の目的や絵柄に合った鼻を描こう。
・鼻の描き方はキャラクターごとに一種類とは限らない。

自分はこの描き方がいいからと一つに決めるのではなく、とにかくいろいろなタイプの鼻を描いてみましょう。
描くことで、自分なりの描き方を見つけられるようになり、そのうち定着します。

鼻だけ描いてても飽きるので、顔全体と組み合わせて、どんな表情になるのかも試してみましょう。

ではでは。
ここまでおつかれさまでした。

よいお絵かきタイムを!

タイトルとURLをコピーしました