人の描き方

目を複数の種類作る描き方は、イメージを具体化させること。

目の種類の描き方にはコツがある。それはイメージを書き出して見える化すること。そしてさまざまなパーツを抽出して組み合わせることで、それぞれ違ったものが出来あがる。目の種類の描き方はいろいろあるけれど、漠然とさせずに具体化することで、形が定まるのです。
人の描き方

横顔の目の描き方は、三角形を作ることで簡単に表現できる。

横顔の目の描き方は、三角形でアタリを取る。これを基にするだけで、それらしく見えるよう描くことができるのです。まずは形で覚えておき、さらに理由も考えてみましょう。横顔の目の描き方は単純ですが、理屈を知るといろいろなパターンを作ることも簡単にできます。
人の描き方

目の斜め向きの描き方も、順に分解していくとわかりやすい。

目が斜めを向いたときの描き方も、基本は正面向きと同様。ただ平面的ではなく、パースが付くので手前と奥側とで見え方が変わる。そのために少し難しく思えることでしょう。目が斜めのときの描き方は、まず顔の角度を決めること。全体を見ながら調整できることも大切。
人の描き方

目の描き方は、本物を見本にすると理解しやすく簡単になる。

目の描き方はいろいろあるけれど、失敗しにくいコツは、本物を見本にすること。キャラクターに表情をつけたり動かしたりするときにも、どうすればいいのかと悩まずに済む。目の描き方は、見え方や表現方法を考える上でも、リアルを基本にしていればイメージしやすい。
人の描き方

目の構造を知ることは、イラストを描く上でもヒントになる。

目の構造を知るだけで、イラストを描く上でのヒントになる。表面的な形だけにとらわれると、複雑に見えすぎて本質がわからなくなり、どうすればいいものか悩むことになる。目の構造をイラストで簡単に分解してみると、形や動きなどがわかり、理解しやすくなるのです。
タイトルとURLをコピーしました