さない

画力向上

30秒ドローイングの初心者。まずは一週間続けてみた結果。

30秒ドローイングは数年前に数回やってみた程度。 その当時はただやってみた程度で、 「続けてやるといいんだろうなぁ~…」 という具合に、まったくもってゆるい気持ちで、 そのまま忘れていったのでした。 それがなぜ今回、始...
イラストを描く

イラストが上手くなるには、目的を持って続けることが大事。

イラストをうまく描けるようになるためには、 こんなことが必要かな~と思います。 描きたいものを描き、 楽しく描いては目を肥やし、 絶望してはまた描いて、 人に見てもらうのも大事。 なんか標語みたいになりましたが… ...
人の描き方

唇の形や大きさはいろいろ。口のイラストを描くなら再確認。

唇の形や大きさは人それぞれ。これをイラストで表現しようとするならば、いろいろな描き方ができるでしょう。しかしいざ描こうとすると、ワンパターンになってしまいがち。唇の形には幾つかの特徴があり、これを認識するだけでも目的の口のイメージを掴みやすくなる。
人の描き方

イラストで顎の動きを描くなら、形と構造を知っておきたい。

イラストで顎の動きを描くときというのは、口を大きく開けたり顔の表情をつけるとき。骨が動作する表現をする場合、形と構造を把握するのが、それらしく見せるための近道。イラストで顎の動きが目立つようなリアルな絵を作るのなら、なおさら仕組みを知ることは大事。
人の描き方

目を複数の種類作る描き方は、イメージを具体化させること。

目の種類の描き方にはコツがある。それはイメージを書き出して見える化すること。そしてさまざまなパーツを抽出して組み合わせることで、それぞれ違ったものが出来あがる。目の種類の描き方はいろいろあるけれど、漠然とさせずに具体化することで、形が定まるのです。
人の描き方

横顔の目の描き方は、三角形を作ることで簡単に表現できる。

横顔の目の描き方は、三角形でアタリを取る。これを基にするだけで、それらしく見えるよう描くことができるのです。まずは形で覚えておき、さらに理由も考えてみましょう。横顔の目の描き方は単純ですが、理屈を知るといろいろなパターンを作ることも簡単にできます。
人の描き方

目の斜め向きの描き方も、順に分解していくとわかりやすい。

目が斜めを向いたときの描き方も、基本は正面向きと同様。ただ平面的ではなく、パースが付くので手前と奥側とで見え方が変わる。そのために少し難しく思えることでしょう。目が斜めのときの描き方は、まず顔の角度を決めること。全体を見ながら調整できることも大切。
イラストを描く

イラストの線画の雰囲気を出すには、線の描き方を変えよう!

線画は線の描き方・引き方ひとつで、印象・雰囲気が変わる。 イラストを描くとき、どんな感じで線を描いていますか。 練習やラクガキなどでは、あまり考えずに描いていると思いますが、線画を仕上げるときなどはどうでしょう? 初心者さ...
人の描き方

手を楽に描けるようになるための描き方のコツと練習法

手を描くのは難しくない! ちょっとしたコツで、形を取るのが楽になる。 前回までのところでは、「手を描くにあたって知っておいた方がいい事柄」について書いてきました。 今回はいよいよ、「手の描き方」講座ですよん。 けっこうしつこ...
人の描き方

手の描き方の前に動きの形・パターンを知っておくと悩まない

手を自在に描くための近道!それは、動きを理解して形のパターンを知ること! ということで、手についての2回目は、手の動きについて。 手はさまざまな動きをするため、とても複雑に見えますよね。 しかし複雑に思える手の動きも、...
タイトルとURLをコピーしました